【GS1プレイ記03】氷室先生、理事長ルート

GS1プレイ記


GS1 (DS版)プレイ記03です。
今回は氷室先生と理事長の通常告白EDです。

これでメインキャラ一通り攻略できたので、次回から隠しキャラになります。

氷室先生

色々試しましたが、藤井部屋、吹奏楽部、バイト無しで攻略しました。
最初から奈津実を登場させた方が楽だったのと、タマちゃんは鈴鹿くんを登場させれば一緒に登場するので。
奈津実ちゃんは黒板消しスチル発生にも欠かせなかったり、メールでも氷室先生のことをよく書いていて、まどかより氷室先生との方が仲がいいのでは……笑。

部活は運動部なら有沢さんくらい学力初期値が無いと厳しいのと、合宿スチルや手料理のために吹奏楽部にしました。
吹奏楽部は夏合宿アイテムで流行が上がりやすかったので、期末テストの選択科目対策も楽でした。

氷室先生の参照パラは学力、運動、気配りですが、期末テストで高得点を取るために芸術、流行もある程度無いと厳しいので、結局魅力以外を高い状態にしなければならないのがしんどいです。
何とか1年目2学期から期末テストで1位取れるようにしました(1年目2学期は葉月くんに寝てもらっての1位でしたが)。

先生は登場キャラが多いと横の繋がりボーナスで好感度が上がりやすいそうですが、後々の爆弾処理がしんどいかなと思ったので、強制登場以外で登場させたのは守村くん、鈴鹿くん、有沢さん、紺野さんで抑えました。

この方法でやって、2年目9月の修学旅行直前にギリギリ友好になった程度だったので、とき修は失敗しました……。
とき修目指すなら、もう少しキャラ増やすか下校リロード頑張れば良かったかも。
尽の評価を見てもときめき度よりも友好度が低かったので、パラよりもそっちかなと。

学力はある程度上がったら、勉強コマンドよりも吹奏楽部コマンド中心にやりましたが、バイトやってなくても合宿評価はまあまあでした。
GS1はクラブマスター取れるペースでやっても、かなり部活やりこまないと合宿評価が良くないの厳しい……。
GS2ではそこは改善されたけど。

吹奏楽部のお陰で芸術もかなり高かったので、実は氷室先生より守村くんの方が先に友好になっちゃったので、守村くんにED持って行かれないようにと守村くんを警戒していたら、デレたのは鈴鹿くんで驚いた。
最終パラの通り、到底鈴鹿くんクリアできる数値じゃなかったんですが、やっぱり友好になると立て続けにスチルが発生しやすいせいか。
鈴鹿くんも友好以上になってからのデートを何とか2回で抑えたので、タマちゃんともVSにならなくて良かった。

氷室先生の雑感ですが、ときめき状態になると、普段の厳しさからは感じられないお茶目な面がたくさん見られて面白かったです。
主人公も氷室先生には大人らしくリードしてもらうより、そういう素の一面を見ていたいという感じでしたし。
告白では初対面からは信じられないくらい穏やかな表情を見せてくれました。

最終パラ:学力193、芸術408、運動140、流行172、気配り172、魅力35
進路は折角吹奏楽部でクラブマスター取ったので、KTOYO交響楽団にしました。

天之橋理事長

有沢部屋、チアリーディング部、ブティック・ジェスバイト(1年弱)で攻略しました。
チア部は学力が他の運動部より下がりやすいので、学力初期値が高い有沢さんに。
部活は手芸部の方が夏合宿で手料理を食べてもらえますが、魅力が下がるのが手痛いので、チア部に。
バイトは氷室先生は無しで攻略できましたが、理事長は服の好みがエレガントで高価なので、バイトしないと服買うのがちょっとしんどかったので。

理事長は登場させるのが一番面倒でした。
魅力はチア部で簡単に上げられるものの、気配りの上りが小さかったので、奈津実や有沢さんと積極的に遊んでも1年目1月までかかった……。
魅力と気配りを一緒に高く上げるのって難しい。

でも、登場させてからは比較的楽に行けましたが、意外とデートスチル回収が面倒でした。
例えば、夏のクルーザースチルもクルーザーよりも普通にドライブやショッピングに誘ってくるので、リロードの繰り返し……。
氷室先生のお化け屋敷は優先的に出やすかったのに……。
理事長のデートはドライブ系(ドライブ、ショッピング、スカイラウンジ、クルーザー)か施設系(温水プール、プラネタリウム、映画、イベントホール等)で交互に誘われるので、コンサートスチルが発生する3年目4月に運良く施設系が回って来て良かったです。
ただ、これもコンサートよりもプラネタリウムとか温水プールにやたらと誘って来たので、またリロードが……。

実はわたし、理事長は最初お助けキャラかと思ってたので、GS1作目にして主人公と親子ほど年の離れたキャラクターが攻略対象とは驚きでした。
ていうか、本家のキャラクターも含めてこれだけ年の離れた攻略対象はいないのでは……。
氷室先生と違って、好感度が高くないときから誕生日プレゼントやバレンタインチョコを校内で堂々と貰うのはどうなんだろう……。

そして、主人公もまた理事長に結構懐いている……。
確かに厳しい氷室先生より性格的に親しみやすいかもしれないけど、年齢も立場もずっと上の人にこれだけ懐くのも不思議だ……。
GS1主人公は後のデイジーやバンビに比べて結構男勝りな感じなのに、理事長にはしおらしい態度も取ったりするしなぁ……理事長が他の男性陣が言えないようなことをさらっと言えるのもあるけど。
年齢的に恋愛経験もそれなりにあり、大人の余裕もある理事長ですが、主人公への好感度が高くなるにつれ、主人公に対して余裕がなくなってくるのが印象的でした。

理事長は吾郎先生と親友ということもあって、吾郎先生の登場も多くて楽しかったです。
理事長を主人公とのことでからかったり、主人公(天然小悪魔ちゃん)にも「言っとくけど、一鶴は大人の男性よ。無事、アナタのものになるかはまだわからないわよ!!」と忠告したり。
EDではば学の客員講師に迎えられたことが語られてましたが、GS3の時代ではまた海外にいるようでそんな場面はありませんでしたが、GS4ではどんな形で登場するのか楽しみです。

最終パラ:学力169、芸術257、運動54、流行147、気配り181、魅力278
進路はチア部クラブマスター進路のグラビアアイドルを目指すにしました。

***

次回は隠しキャラ(蒼樹くん、天童くん、花椿先生、尽)の予定です。

Posted by 李南