GS DAYS 2019 はばチャ増刊号BD感想

雑記


4月に参加したGS DAYS 2019 はばチャ増刊号のBDゲットしました!

関連記事GS DAYS 2019 はばチャ増刊号レポ

イベントの詳しい感想は上記記事で書いたので、今回は改めて見てみてまた思うことがあったり、参加したイベントでは見られなかった追加取材や追加情報についての感想がメインになります。
BDがわたしが参加した回では無かったので、MC等にも多少の違いもありましたし。

以下、ネタバレ注意な上、玲主に偏った感想です。

改めての感想

イベントから5ヶ月経ったので、その間ちょいちょいキャラの情報が出てきたりでイベントとは違う印象も持ったりで。

颯砂くんはやっぱり今までの運動キャラとかなりタイプが違うようで、ロジカル的で頭がキレるのもそうなんですが、これまでの運動キャラがぶっきらぼうだったり、口数が少なかったキャラが多かった中、気さくで話しやすい雰囲気でした。
取材も快く引き受けていたので、主人公にも優しい人だなと思われていたし。
二人称も君は運動キャラでは初めてですね、そう言えば。
後のB’s-LOG情報でも女の子にきちんと興味を持っているとあった通り、他のキャラに比べて主人公を結構意識してたなぁ、と。
友好になるのも早いかもしれない?

本多くんも颯砂くん同様、今までの学力キャラから大きく方向転換した感じがありますね。
妹の方が運動が得意で格ゲー好きというのは、本家の好雄と優美ちゃん兄妹に近いものがあるなぁとそう言えば思った。
にこにこ笑うのがかわいい。
B’s-LOGインタビューで小松原さんが服部さんにほとんど地声で演じてもらったと言われてましたが、VTRでの服部さんの声が本当にまんま行くんでした。

Nanaくんは「今を輝くステキな人」についてネーミングセンスが良くないと言いつつも、吾郎先生が考えたと聞いた瞬間かっこよく聞こえてくるかもと考えを改めるようになる等案外単純なところもあるんだなと笑。
やっぱり人と関わるのはまだまだ面倒な感じがするので、実際に攻略するなら友好になるまでちょっとかかりそうなイメージ。

柊くんは落ち着いた雰囲気だし、取材だから丁寧な話し方なのかと思いきや、本当にそういう話し方みたい。
二人称もあなただったし、同級生できっちり敬語なキャラは守村くん以来?
あと、コロコロが何なのか分かってないから「ころころ転がる」とかと同じアクセントで言っちゃうのも笑。

風真くんは梶くんキャラの中ではアオハライドの洸に近いかなと思っていましたが、洸より声張ってるかな。
BD買った理由が風真くんの声が聞きたかったというのはかなり大きいので笑。
個人的に瑛くんに雰囲気が似てるかなと思ったんですが、親父、じいちゃんと呼ぶ瑛くんと違って父さん、おじいちゃん呼びだったり、話し方もちょっと今時っぽいかなと。
ホワイトデーに渡していたものが、風車のクッキーでしたが、「手作りでも効力あるのかな……」と言っていたのが気になる。
やっぱり伝説と何か関係ありそう?

MCトークではわたしが参加した回ではシリーズものを作る難しさについて話されていましたが、この回では小松原さん自身もGSファンということで「女神とか創造主ではなく、お客さんと同じく私もヒロイン」と言うと、速水さんに「小松原さんがヒロインはダメでしょ笑」とツッコまれてました笑。

追加取材

わたしが参加した回もNanaくんでしたが、このBDでは颯砂くん、本多くん、柊くんのも見られたので!
Nanaくんの感想ははばチャレポで書いたので、3人の分の感想を。

颯砂くん編では颯砂くんを取材に来た主人公に露骨に風真くんが嫉妬してて、ヤキモチ妬きなところが見られました。
風真くんが怒っている理由が分からず鈍感な主人公ですが、ジジくさいとか言ったら怒る覚悟で言った流木探しについても「楽しそう」って言ってくれるような子だから、惹かれるのかなと。
唯一イベントで公開されなかったそうなので、このBDで見られて良かった。
風真くんは勉強や運動も何でもできると主人公が言っていてスペック的には葉月くんや瑛くん並みだと思われるので、攻略するならやっぱり全パラ要求型がいいなぁ……久しぶりに葉月くん攻略したら、やっぱり攻略しがいがあったので。
颯砂くんは自分ではバカだと言っていますが、トレーニングについて本当によく考えながらやっていて、運動キャラでありながら頭脳派なので、歴代の運動キャラと違って成績も悪くないかもしれない?

本多くん編では森林公園に向かう途中、公園通りにあるシモンで女性客に囲まれて困っている風真くんが通りがかった主人公を取材と称して外に連れ出すという瑛くんやカレンのような手口を。
ところで、店長って吾郎先生とは別人……?
はばチャの影響で風真くんを見に来るだけのわたしのような客が増えたそうで、カリスマ店員からアイドル店員に笑。
このとき、主人公にかっこいいと言われ「おまえ、そう思ってるのか……」と嬉しそうにしてるのが!
主人公は無意識で言ったものの、後でわたし、変なことを言っちゃった?とちょっと意識してるのは良かった。
やっぱり鈍感なりにも意識しちゃう場面はあった方がいいかなと思うので、行くんに一票入れて良かった笑。
本多くんの追加取材では聞きそびれた夢について聞いたら、将来の夢ではなく、睡眠時に見る夢の話を……結局彼の将来の夢は謎のままです。

柊くん編ではイベントホールが休演日で臨海公園で風真くんにからかわれつつも「おまえはいつも笑ってなよ」と元気づけられますが、昔にもそんなことがあったような……と重大な過去の秘密が!
これ、夜ノ介に入れれば良かった……と思ったけど、こういうのは最後に見た方が良かったかも。
というか、この追加取材においては風真くんの方が神出鬼没では笑。
その後、柊くんが登場し、同じ芸術キャラである色サマのオブジェについて語ってくれるんですが、演劇と美術で違う分野でも表現者として通ずるものがあるそうで。
表現者というのはNanaとも近いものがあるので、Nanaとも気が合いそう?
コロコロも優れものだと活用しているらしいですが、アクセントが相変わらず笑。

追加取材、4人それぞれに風真くんと主人公の関係もパターン違いの展開が用意されていて良かったです。
玲主の色んな関係性も見えて来たし、イベントで見たNanaくん編が一番主人公が鈍感っぽかったので、主人公があまりに鈍感過ぎるのもちょっとなぁ……と実は思っていたので(本家4の主人公と都子みたいに)、他は多少主人公も気にしているような感じもあって良かった。

追加情報

追加情報もイベントごとに違ってたんですね、知らなかった。
自分が参加したイベント以外のも見られて良かったし、BDでは情報提供者の画像も添えられていました!

颯砂くんはやっぱり不二山くんの他、志波くんや太陽くんと言った運動部からが多かったですが、意外なところで色サマからも。
というか、太陽くん補欠に下がったの……!?と思ってしまった。GS3時代の設定かもしれませんが。

本多くんは学力系キャラからの情報が多かったですが、藍沢先生や同じ金髪ピアスの琉夏くんからも。
氷上くんが図書館の本の貸し出しカードで名前をよく見てシンパシーを感じるというのが耳をすませばで笑。

Nanaくんはモデルの同じく流行キャラのニーナもSNSをチェック済の他、大先輩である葉月くんや同じくモデルのはすみんからも。
SNSでは常にコスプレ姿で性別不明だそうなので、Nanaという女性のように聞こえる名前なのかな。

柊くんはまどかにスーパーで目撃されていたり、天地くんがお姉さんから劇団のチケットを貰っていたり、設楽先輩のお父様がスポンサードという繋がりが……!
やっぱり芸術キャラはキャラ同士の繋がりが多いような気が。
はばたきの玉三郎という異名もあるらしいです。

何より嬉しかったのが風真くんの追加情報に羽ケ崎のバリスタのあの彼からの情報があることですよ!
さらにはば学の熱血漢、大迫ちゃんからも!
そして、大迫ちゃんにもアイドル店員言われる笑。
風真くんの情報提供者推しキャラ2人いて嬉しかった。
ところで、大迫ちゃんもGS4の時代にもはば学にいるのかな……。
瑛くんが風真くんを羽ケ崎海岸で家族と来ているのをよく見かけたと言っていましたが、颯砂くんの追加取材のような流木探しとかなら、風真くんが最初にはばたき市に住んでいたときのことで、GS4が2020年以降だとすると、幼少期が2000年代になるので、ひょっとしたら、瑛くんがバリバリGS2の頃のことかもしれない?
そう考えると、色々とまた……。

玲主まとめ

このBDでイベント以上に玲主の関係が見えてきましたが、やはり気になるのは幼い頃の思い出ですね。
主人公が風真くんに元気づけてもらったこと(引っ越して離れてしまうこととか?)に何か伝説と縁があるのかな……。

イベント時点(ゲーム開始時?)では風真くんの気持ちに気づいていない主人公ですが、一度離れていながらも今までの王子と主人公の中で一番幼馴染してるなと思いました。
ほんと、最初は本家の詩織や都子のようにGS史上初の主人公とずっと一緒にいる幼馴染かと思ったくらい。
BD見る限り、玲主は基本的に仲のいい幼馴染だと思うので(風真くんの「ドラマや映画の幼馴染はスレ違いや行き違いが多いけど、俺達真逆だよな」に主人公も否定しなかったくらいなので)、そんな幼馴染関係も楽しみに見ていきたいと思います。

長々書きましたが、引き続き今後のGS4の新情報を楽しみにしています!

Posted by 李南